パスワードを強固なものにすることでセキュリティ対策が万全に!

クラウド型のメール配信システムを利用しているケースでは、不正アクセスによる情報漏洩の危険性が高いと言えます。不正アクセスが行われやすいのはパスワードが弱いときでしょう。例えば1から順に数字の羅列を並べるだけでは不正アクセスのリスクは高いと言えます。同じように名前や誕生日を使っているケースでも不正アクセスのリスクは高いでしょう。このようなパスワードは不正アクセスが行われやすいので、弱いパスワードだと言えます。パスワードを強固なものにするためにはパスワードを複雑化するのが重要です。具体的な例で言えば、大文字と小文字を混ぜる方法や数字と記号を組み合わせる方法が効果的だと言えます。このような対策を取ることによって、セキュリティ対策が万全なメール配信システムが出来上がります。

誤送信の対策を取ることでセキュリティ対策が万全になる

外部からの不正アクセスが情報漏洩の外的要因だとすれば、社内での誤送信による情報漏洩は内的要因だと考えられます。この内的要因による情報漏洩を防ぐためには誤送信を減らすのが重要だと言えます。具体的な対策として考えられるのが、操作環境に制限をかけることでしょう。誰でも操作が可能な状態になっている場合、複数の人間がメール配信を行うことになるので誤送信の可能性が高まります。そうならないためにメールの送信を行う人は限定するのが効果的だと言えます。メールの送信を行う人以外にはログインIDやパスワードを知らせないようにするのも良い対策です。他にもダブルチェックを行うことでも誤送信を防げます。このような対策を取ることによって、メール配信システムのセキュリティ対策が万全なものになるでしょう。