スパムメールと誤認されないためのエラーメール機能

一昔前であれば企業の宣伝と言えばDMなどの紙媒体が主流でしたが、携帯電話やパソコンの普及に伴ってメール配信を利用する企業が増えています。とはいえ、一口にメール配信サービスと言っても、企業によって取り扱っている機能が異なるため、この点を見極めて選ばなくてはいけません。いくつかある機能の中でも重要となるのがエラーメールです。これは文字通りエラーになった相手の連絡先をリスト化して、配信を自動的にストップさせる機能になります。この機能が備わってないと繰り返しの送信でスパムメールと勘違いされてしまうので注意が必要です。情報過多の時代においてこうした間違いは企業の信頼に影響を及ぼすので、この機能があることを確認しなくてはいけません。

独自ドメインと時間指定機能

メール配信は受けとる側に不安と迷惑を掛けないことが基本となります。そこで重要となるのが独自ドメインと時間指定機能です。企業の中には配信のために別のドメインを用意する所も少なくありません。管理という点では間違っていませんが、送信元のドメインと掲載されている情報が異なっていると、悪質な業者のなりすましと誤認されることもあります。相手の信頼を得るためにも、独自ドメイン機能を利用することが大切です。時間指定はメールを何時に送信するかをあらかじめ設定できる機能になります。メール配信は相手に読んでもらえなければ意味がありません。夜間や忙しいタイミングで送るとスルーされてしまうので、この機能で調節をすることがポイントです。